交通事故の被害に遭い、お悩みの方へ

メール・LINEでのお問い合わせも可能です!

 

交通事故解決の流れ

今、あなたの状況は?当てはまるものをクリック!

1.交通事故に遭ったら

交通事故はいつもと変わらない日常を過ごしていたとき、突然起こるものです。

そのため、ほとんどの被害者の方は事故に遭ってしまうと、「これから一体どうすれば良いか分からない。」とお悩みになられることが少なくありません。 >>続きを読む

2.賠償金額決定の基準にご注意!

賠償金の算出方法は1つの基準ではないことをご存知でしょうか。

実は賠償金の算定方法には3つの基準があり、保険会社は高い基準で示談金の提案をすることはほぼありませんから、弁護士に事件を依頼するかしないかで、最終的に受け取る賠償金額に大きな差が出ることが多いのです。
>>続きを読む

3.保険会社からの治療打ち切り通告への対応

事故後6か月とか、早いときには3か月程度でも、保険会社から「もうそろそろ治療を終了にしてください。支払を終えます。」と治療の打ち切りを求められることが多々あります。>>続きを読む

4.後遺障害等級の獲得への尽力

治療したものの、残念ながら完全には治らなかった(障害が残ってしまった。痛みやしびれ、重苦しさ等が残ってしまった。)という場合、主治医に「後遺障害診断書」を作成してもらい、後遺障害等級の認定申請をすることになります。
>>続きを読む

5.当事務所へのご依頼後に後遺障害が認められた例

以下は、当事務所にご依頼された方が「後遺障害認定への異議申立て」や「裁判所での訴訟」によって、以前は後遺障害が非該当だったものの後遺障害等級が認められたり、より重い等級が認められたものです。>>続きを読む

6.後遺障害等級は変わらなくても、賠償額は大きく上がることがある

後遺障害等級は変わらなくても、弁護士に依頼して交渉や訴訟をすることで、大きく賠償金額が上がることがあります。

以下は、当事務所にご依頼された方が、交渉や訴訟の結果、賠償金額が大きく上がったものです。>>続きを読む

7.当事務所にご依頼いただいた際のサービスと費用

交通事故に関して、当事務所のサービスと費用に関してはこちらからご確認ください。

メール・LINEでのお問い合わせも可能です!

関連するページ