債務整理・借金問題でお悩みの方へ

 

借金問題で苦しまれる方の多くが、誰にも相談できず、一人で悩んでいらっしゃるかと思います。

 

河口法律事務所では、皆さまのプライバシーに最大限に配慮しつつ、「自己破産」や「任意整理」(長期分割弁済)、または住宅ローンを抱えている場合に自宅を失わずに他債務を圧縮できる「個人再生」のほか、払い過ぎた利息を取り戻す「過払金回収」など、最も適切な解決方法をご提案し、サポートいたします。

 

お悩みや不安等がございましたら、ご遠慮なくご相談いただければ幸いです。

 

 

 

1.任意整理

任意整理とは、裁判所を通すことなく、貸金業者などと借金額や返済方法について交渉し、返済を軽くする債務整理の方法です。

 

基本的には、任意整理は借金の元金を減らすという内容のものではありません。

 

ただし、長期分割支払和解の内容は、元金を分割払いしていくのみで、経過利息はかからないようにするのが一般的なので、その意味では将来利息や手数料をカットをし、実質的には返済総額を減らすことができるのです。

 

任意整理は、あくまで支払っていける場合にのみ選択可能な債務整理方法ですが、破産や個人再生はどうしても避けたいとか、避けなければならない理由がある方には有用な方法です。

 

また、他の債務整理手続と比べて手続が簡便という点もメリットです。

 

 

 

2.自己破産

裁判所に自らが債務超過ないし支払不能であると申告することで、破産宣告を受け、返済する責任の免除(免責)を受ける手続です。

 

破産というと、身の回りの財産すべてを失うといったイメージがあるかもしれませんが、そうではありません。

 

家財道具や衣類、身の回りの物を失うことは基本的にありません。

 

当面の生活に必要な現金・預金等の金品類も保持することが認められています。

 

また、巷で一部誤解があるように、「戸籍に破産したことが載る」ということはありませんし、家族や知人、勤務先に知られるということも基本的にありません。

 

しかし、裁判所を通す手続ですから、提出書類をきちんと揃えなければなりませんし、もちろん申告内容に嘘があってはいけません。

 

誠実な申立てであることが大前提です。

 

また、破産の原因によっては、ストレートに免責とならない場合もありますが、そのような場合であっても、生活状況の説明やその他諸事情によっては、免責を得られる場合もあります。

 

誠実な申立てをすることが大事です。

 

 

 

3.個人再生

破産と同じく、裁判所を通す手続ですが、破産とは異なり、すべての債務の支払責任が免除になるのではなく、返済債務額を大幅に減らせる(債務総額によりますが、最大限で5分の1~10分の1までの圧縮となることがあります。)手続です。

 

圧縮された債務を、基本的には3年間(事情によっては5年間)の分割で支払っていきます。

経過利息はつきません。

 

どのような場合に、破産ではなく、個人再生をするメリット等があるかというと、持ち家(残ローンあり)があり、破産すると家を失ってしまう方が第一にあげられます。

 

個人再生の場合、住宅ローンだけは圧縮せずに払い続けながら、他の債務を圧縮することが可能なのです(適用のための諸要件はあります。)。

 

また、破産しても免責されない事情(免責不許可事由といいます。)がある方も個人再生を利用することが可能です。個人再生の場合には破産の免責不許可事由のような制限事由はないのです。

 

さらには、心情的に破産だけは避けたい、いくらかでも債権者に支払をしたいという方にも適する手続だといえます。

 

 

 

4.過払金請求

もう10年以上も昔ですが、消費者金融業者(ア〇ム、ア〇フル、プ〇ミス等)や信販業者(オ〇コ、ニ〇ス、セ〇ィナ、ク〇ディセ〇ン、J〇B等)は、長い間、利息制限法の上限を超える金利(年利二十数%~三十数%)で消費者にお金を貸していました。

 

そのような高金利は認められないという裁判所の判決が示され、以来、過去に返済してきた元利金を上限利息で「引き直し計算」してみると、すでに「払い過ぎ」の状態となっており、貸金業者に返還請求できるという状況となっているが消費者の方が多く出ました。

 

過払金請求というのは、そのような消費者の方が貸金業者に対して、払い過ぎたお金の返還を求める請求です。

 

注意しなければならないのは、過払金請求にも事項があり、「最後に支払った日」から10年が経過していると、時効により請求できなくなってしまうということです。

 

もしも、過去に高金利での貸し借りをしていた記憶があるという方は、お早めにご相談ください。

 

 

 

当事務所にご依頼いただいた際の費用

⑴ 相談料

初回無料

その後に依頼するかどうかにかかわらず、初回の相談料は無料です。

 

⑵ 任意整理

・着手金  1社2万円(税込2.2万円)

・報酬   減額された額の10%(税込11%)

過払金があった場合は⑷に準じます。

 

⑶ 破産

・着手金  20~40万円(税込22~44万円)

・報酬   基本的になし

過払金があった場合は⑷に準じます。

 

⑶ 個人再生

・着手金  30~40万円(税込33~44万円)

・報酬   基本的になし

過払金があった場合は⑷に準じます。

 

⑷ 過払金請求

・着手金  1社2万円(税込2.2万円)

・報酬   回収金額の20%(税込22%)

 

ただし、事案の内容により減額させていただくことはあり、ご依頼をお受けする前に、着手金、成功報酬、実費等を含めて十分に説明し、ご納得いただいた上でご契約させていただきます。

 

011-206-8270

LINEでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

011-206-8270

LINEでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら